読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バナナ革命

SKEヲタクが書きます。

選抜の仕事とSKE48のユニットの話

選抜の意味を整理したいと思い、今回発表されたユニットと合わせて自分なりに考えてみた。

選抜のミッションは新規の獲得とグループのイメージ向上だとおもう。


選抜の仕事はテレビ・雑誌を中心としたメディア対応で、主な相手は非ヲタクと業界関係者で、どれだけ多くの非ヲタ・業界人に知ってもらえるか、興味を持ってもらえるか、いいイメージを持ってもらえるかということが重要なんだとおもう。

ヲタクにとって選抜は推しが入っていたら嬉しいというもので、逆に選抜に入らなかったらヲタやめるというわけでもないので正直ヲタクを意識して選抜を選ぶ必要はないんじゃないかなと最近おもう。

選抜メンバーによってCD売り上げが大きく変わることもないだろう。推しがまったく参加していないAKBのCDを買うヲタク達が、推しが選抜に漏れたからといってSKEのCDを買わなくなるとも思えない。まぁなんとなく失望して買い控えるということはあるかもしれないし、ここら辺は感情論なのでわからないけど。

 

ということで以下発表されたユニット。

f:id:qbanana:20151020170107j:plain

 

www.ske48.co.jp

 

【ユニット歌唱メンバー】:
ラブ・クレッシェンド
江籠裕奈、小畑優奈、北川綾巴熊崎晴香、後藤楽々、菅原茉椰、松井珠理奈

キャラメルキャッツ
大場美奈木本花音佐藤すみれ惣田紗莉渚二村春香

トランジットガールズ
梅本まどか大矢真那柴田阿弥須田亜香里高柳明音宮澤佐江

フルマリオン
東李苑古畑奈和

デッドストックダイヤモンド
斉藤真木子谷真理佳松村香織山内鈴蘭

http://www.ske48.co.jp/news/?id=1444043306

 

 

湯浅さんがSKEとは別物と言ったけれど、実質表題曲の「ラブ・クレッシェンド」がSKE48の次の選抜と受け取っていいとおもう。選抜のミッションを課せられるのはこのユニットメンバーなので、役割としてはいわゆる選抜。後の4ユニットはカップリングなので「ラブ・クレッシェンド」と同列に見ると話がずれてくる。

 

この7人選抜の意図を考えてみるとまず全員若い。前作までの超選抜や総選挙での選抜ボーダークラスは20代なかばでかなり若返った。10代など若い層にとってはメンバーが年下、せめて同年代であるというのは重要なポイントだしもちろんおじさんにとってもJKブランドは効果があるとおもう。

もう一つは全員かわいいというか全員可愛さがわかりやすい。ベテラン勢のトランジットガールズも自分は全員かわいいと思っているけれど、たとえばテレビに映る数秒やグラビアの数カットで伝わる類の可愛さは「ラブ・クレッシェンド」が圧倒的に上だとおもう。

あんまり認めたくないけれど、アンチや他のグループファンが言うような選抜の華やかさやフレッシュさは大きく改善されると思う。確実に選抜の年齢層が高くて推しにくかったという若年層やロリコンはいるはずだから。

 

長くなった。

今回のユニットは「松井玲奈」後の実質SKE48のシングル。SKE48名義ではないけど、W松井しか知らない非SKE48ヲタ(他の48Gヲタやドルヲタ)・業界人に今までと違ったSKE48をアピールしていく重要なシングルになるとおもう。

イメージを変えるために稼ぎ頭の超選抜勢を切ってほぼ未知数の7D2を3/7人も入れてリスクを負ったユニットにしたのならすごく評価出来るんじゃないかとおもいますた。

まぁHKTと同発という政治的な面もあったのかもしれないけど。

個人的には松井珠理奈のいろんな意味のポジショニングと、珠理奈以外の6人が非ヲタ・業界人にどれだけインパクトを残せるか、が見所かなとおもいます。